スマホ便利情報

スマホの修理代が高い時に安くする方法とは?液晶画面の修理費用を抑えるには?

更新日:

スマホの画面がひび割れしている人をよく見かけます。

それ以外でも、バッテリーや端末自体の故障、ハードディスクのデータ復旧など、スマホの修理代金は意外と高額です。

スマホが壊れたときに、修理しなければいけないけれど、できるだけ金額を抑えたい・・・。

修理ではなく新しく端末を購入した方が、安くなる場合もあります。

 

今回は、スマホの修理代が高い時に安くする方法について、詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

修理した方が安い場合

液晶画面が割れたスマホ

基本的なスマホの修理代金は、以下の金額になります。

  • 液晶画面の修理 約3万円
  • カメラの交換・修理 約1万5000円
  • データ復旧 約3万円
  • 水没修理 約3万円

これだけ見ると、ほとんどのケースで3万円はかかってしまうわけです。

使っている端末にもよりますが、最新機種でない限り、3万円もあれば新しい端末を購入することもできます。

IPhoneの最新機種ならまだしも、修理している間、携帯が使えないことを考えると、新しい端末に買い換えることを検討すべきかもしれません。

 

液晶画面が割れた場合

おそらくスマホの故障で一番多いのが、液晶画面のひび割れでしょう。

スマホを地面に落としただけで、当たりどころが悪ければ簡単にヒビが入ってしまいます。

何度も落とすとヒビの入った部分から、徐々に傷が広がっていき、最終的には画面を見ることもできないほど、液晶画面が壊れてしまうわけです。

ヒビが入った画面は、見づらいので、修理したくなりますよね・・・。

また、傷が入った液晶画面を指で触り続けるのも、危険です。

 

IPhoneの液晶画面の場合

利用者の多いIPhoneの場合、公式で修理してもらうとなると、保証サービスに入っているかどうかで、金額がかなり違ってきます。

IPhoneの画面修理料金

出典:https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service/screen-replacement

このとおり、AppleCare+に加入していれば、一律3400円の修理代金。

しかし、保証対象外となると、一気に金額が跳ね上がります。

 

IPhoneXだと、31,800円とかなり高額ですよね。

下手な端末なら、新品で購入できる金額です。

最新機種を購入するのであれば、必ず保証サービスに入っておくべきでしょう。

普段から携帯を落としやすい人なら、尚更です。

 

スポンサーリンク

大手キャリアで契約している場合

大手キャリアで契約している人は、保証サービスに入っているかどうか確認しましょう。

もし保証サービス期間内であれば、修理した方が安上がりになる可能性はあります。

逆に言えば、保証サービスに入っていないと、修理代金は高額になると考えておきましょう。

 

例えばドコモの場合だと、月額500円でケータイ補償サービスに加入することができます。

このサービスでの補償金額は5000円。

損傷が激しい場合は、7500円で新品端末と交換してもらうことができます。

その他のソフトバンクや、auも同レベルの補償サービスがあるため、まずはそこについて確認しておきましょう。

 

店舗に出向いて、修理を申し込むこともできますが、大手キャリアは、オンラインサービスを受け付けています。

WEBから申し込んで、故障した端末を発送することで、ショップに持ち運ばなくても、代行機が送られてくるサービスになっています。

 

修理対応によっては、強化ガラス対応されることも!

画面割れしたまま放置するよりも、早めに修理を検討すべきかもしれません。

 

修理に出す場合の注意点

画面などの外側部分の修理なら、中身に変更がないので、データ消去などの心配はないです。

もし、端末内部に関わる修理であれば、データのバックアップは取っておきましょう。

店舗に持ち込んで修理する場合は、説明してもらえるはずですが、オンラインサービスで送付した場合、説明を読まずに手続きを進めた結果、中身が真っ白という恐ろしいことになりかねません。

大事なデータは常日頃からバックアップしておくべきですが、この点は注意が必要です。

 

端末の種類によって修理金額が異なる

最新のIPhoneを操作する女性

利用している端末によって、修理金額が高額になってしまう可能性は高いです。

端末によって、

  • 液晶画面に特化したもの
  • カメラを重視したもの
  • バッテリーの長時間対応

など、それぞれ特徴が異なります。

 

Xperiaのように、画面の大型化かつ、薄さを追求しているような機種の場合、液晶画面の故障は痛手となる可能性が高いです。

独自の素材で、ひび割れしやすいものなど、元々壊れやすい端末もあります。

そういった端末は、あらかじめ衝撃ガードなどの端末ケースで保護しておかないと、軽い衝撃でもひび割れしてしまうのです。

画面がひび割れたまま、利用し続けている人もいますが、液晶のひび割れが、手に刺さる危険もあります。

壊れたことから、別の部分も壊れやすくなっている可能性もあります。

 

修理にかかる時間

大手キャリアの正規サービスで修理となると、修理から手元に戻るまで、ある程度期間が必要になります。

修理の手続きから、修理費の見積もり、実際の修理作業と、発送手続きなど。

営業日換算だと、土日を挟むとかなり修理期間が長引くこともあります。

もし急ぎで修理したいのであれば、公式ではなく非正規の修理サービスを利用したほうが早いでしょう。

 

非正規店舗の場合だと、おおよそですが、修理にかかる時間の一例は以下の通りです。

  • iPhone:液晶割れ(約30分~1時間)、バッテリーの交換(約10分)
  • Xperia:パネルの修理、交換(約1時間~2時間)、バッテリーの交換(約10分)

液晶画面の修理や交換となると、1時間から2時間ほどは時間がかかる見込みです。

バッテリーの交換であれば、そこまで時間はかかりません。

 

ただし、対応するサービス店舗によって、多少の時間の前後はあります。

また、修理対応していない機種もあるため、修理を依頼するのであれば、事前に確認はしておきましょう。

非正規店舗で修理してもらった場合、それ以降は正規店での保証サービス対象外となることも注意しておきましょう。

 

中古の端末を購入して乗り換えるのもアリ?

故障したけど今使っている端末が気に入っている・・・。

そんな人は、同じ端末を中古で購入する方法があります。

 

全く同じ端末を用意すれば、中のsimカードを差し替えることで、同じように利用することができます。

全く同じ端末でなくても、Simカードの規格が同じであれば、対応している端末に差し替えることで、別の機種でも利用が可能になります。

評判の良い機種が気になっていて、発売から1年程経過して、ちょっと値段も下がっている機種があるなら、このタイミングで乗り換えるのも十分ありでしょう。

 

ただし、購入する中古の端末によっては、Simカード挿しても利用できない場合があります。

端末自体に利用者情報が書き込まれていると、Simカードを挿しても通信することができないのです。

この場合は、公式のサポートに利用者情報を消してもらうこともできますが、手数料はかかってしまいます。

中古端末の購入を考える場合、現在利用しているsimカードをさしてそのまま利用できるかを、購入前に確認しておきましょう。

 

端末を衝撃から守る方法

そもそも、故障の原因となる衝撃が一番問題なわけです。

可能であれば、スマホを購入した段階で、衝撃から守るために端末ケースと画面保護シートは利用しておくべきです。

普段ポケットにそのままスマホを入れてる人は、かばんに入れるくせをつけるなど、故障前に対応できることはあるはずです。

それでも落としてしまう人は、耐衝撃対応のスマホを購入した方が良いかもしれません。

アウトドアでの利用に特化した、耐塵、耐水、耐衝撃のスマホ端末も販売されています。

ゴリラガラスといった強化ガラスを仕様している端末であれば、かなりの衝撃を与えても、液晶画面が壊れる心配はありません。

 

まとめ

スマホ修理代金は保証サービスがないと高くなってしまいます。

もし保証サービスに入っていないのであれば、公式の保証サービスに入っておいた方が無難です。

 

非正規の修理店舗もありますが、100%修理可能とは言えません。

場合によっては、非正規の方が修理費が高くなるケースもあります。

別の新しい端末を買うお金はないけど、修理するお金もない・・・。

この状況だけは避けたいものです。

 

関連コンテンツ

おすすめ人気記事

1

LINEモバイルでは様々なキャンペーンが随時展開中! SNS使い放題 月額300円キャンペーン ラキフェス第1弾 スマホ基本料が10人に1人タダになるチャンス 5,000ポイントバックキャンペーン 招 ...

2

皆さんlineの無料通話を利用していますか? 普通の電話だと通話料金がかかってしまいます。友達と長電話すると、1時間なんてあっという間ですよね。 しかし、このlineの無料通話。無料という部分があやし ...

3

ソフトバンクで長年契約しているけど・・・やっぱり月額料金高いかな? 今ここで気づいたなら、まだ間に合います。毎月どれだけ損しているか、絶対に知るべきです。   カード請求11万来てるけど3割 ...

4

ガラホとは、"ガラケー+スマホ"という組み合わせから誕生した、新しい携帯電話。 ガラケーの使いやすさをベースに、スマホでの機能も使える携帯と思ってください。 携帯にそこまで多機能を求めていない人。 で ...

5

一般的には、携帯電話は新品購入する人がほとんどです。 しかし、中古品のスマホでも、新品と変わらない品質のものもあります。最近のスマホは、パソコンと変わらないくらい、お金がかかってしまいますよね。それな ...

-スマホ便利情報

Copyright© 迷わない格安SIMと格安スマホ選び , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.