スマホ便利情報

ソフトバンクってやっぱり高い?スマホの月額料金を見直して安くする方法とは?

更新日:

ソフトバンクで長年契約しているけど・・・やっぱり月額料金高いかな?

今ここで気づいたなら、まだ間に合います。毎月どれだけ損しているか、絶対に知るべきです。

 

昔なら、大手キャリア以外の携帯の選択肢は、ほぼありませんでした。

しかし、携帯電話の契約は、大手キャリア以外にも選択肢あります。話題の格安スマホ・格安SIMに変更することで、月額料金を半額以下に抑えることもできます。

なんなら月額1000円以下の利用も可能です。

 

今回は、Softbankのユーザーで月額料金が高いと思っている方のために、月額料金を安くする方法について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

ソフトバンクの月額料金が高すぎる原因

ソフトバンクの月額料金が高くなる原因は、以下の3つ。

  1. そもそも大手キャリアの月額料金は高すぎる
  2. プランの選択肢がユーザーの用途にマッチしていない
  3. オプション・保証・端末代金でさらに高くなる

日本の携帯代が海外に比べ高すぎるとの指摘により、携帯電話料金の引き下げ改正案が閣議決定されました。(Yahoo!ニュース携帯値下げへ改正法案決定)

このことからも、大手キャリアの携帯代が高いことは明確です。今後値下げされると言っても、結局は端末代金を高くしたり、回りくどい方法で無知なユーザーからお金を搾取していくことでしょう。

 

最低月額料金でも余裕で5000円を超える

出典:https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/products/#/

ソフトバンクでは様々なプランが展開されていますが、最も安くなるプランで計算しても月額5000円以上になってしまうのです。

ここではiphoneを例にとってみます。

Iphoneを利用した場合の基本的な料金プラン(通話)は、通話定額の基本料金が、スマ放題ライトでも2年契約で2,160円。そこにウェブ利用料の300円がプラスされます。そしてデータ定額サービスをデータ定額ミニ 1GBにしても、1ヶ月あたり2,900円かかります。

これだけでもう5,000円超えというわけですね。

「スマホってそういうもんだし、仕方ないなぁ・・。高いけど。」そう思い込んで自分を納得させていませんか?

 

スポンサーリンク

 

プランを変更しても限界がある

Softbankのプラン内容を見ると、2GBの次が5GBなので、3GBのプランがないんですね。

データ定額5GBにすると1ヶ月あたり5,000円です。合計すると、7,160円オーバーちなみにこれ、端末代金の計算を抜いてます。新しいIPhoneを機種変更や新規契約で購入する場合、さらに月々の支払い額が追加されます。一番容量の小さい64GBの端末でも、合計月額料金は、10,000円近くになります。

正直言って、あり得ないです!ぼったくられてますよ!

 

スマートフォンを利用する人の大半は、3GB未満の利用になるそうです。

2GBだとちょっと足りないという人もいるでしょう。そこを上手く利用して、2GBの次が5GBになっているんでしょう。まぁ2GBでも3,500円なんで、十分高いと思いますが・・・。2GBプランで契約しても月額料金は5000円以上かかるわけです。どう頑張っても、ソフトバンクという時点で高くなるように仕組まれているんです。

IPhoneを安く買う方法!格安SIM+IPhoneなら月額料金も最安になる?

 

一度半額以下の月額料金を体験すると、もう元に戻ろうという気は起こらないはずです。同じ価格帯まで下がらないと、いくら大手のブランドがあっても、ユーザーは離れていくでしょうね・・・。

 

オプションでさらに高くなる

どのキャリアのサービスにもオプションサービスが展開されています。

ソフトバンクの場合は、以下の通り。

  • iPhone基本パックR:500円
  • とく放題:590円
  • ブック放題:500円
  • 機種変更先取りプログラム:300円

こういったさりげないオプションを契約時に必要と説明されて、何も気にせずオプションをつける人も多いはず。これも月額料金が高くなる原因の1つなんです。

わざわざ店舗に行くのも面倒なので、そのままにしている人も多いんじゃないでしょうか?プラン内容が高すぎて、オプション価格が安く見えるのかもしれませんね。

毎月計算で10年も経てば、数万円という金額になるんです。非常にもったいないことをしていると思いませんか?

スマホの修理代が高い時に安くする方法とは?液晶画面の修理費用を抑えるには?

 

ソフトバンクの月額料金を安くする方法

1.ソフトバンクのまま安くする方法

どうしてもソフトバンクから変えたくないというソフトバンク信者の方や、家族で合わせているから変えられない事情の方。

先程、プランによる変更で安くするのは限界があることをお伝えしましたが、その中でやりくりするしかありません。

選択肢としては、プラン内容やオプションの見直しになります。

 

かけ放題を見直す

ソフトバンクのかけ放題サービスは、

  • スマ放題
  • スマ放題ライト
  • ホワイトプラン

このかけ放題サービスを再度見直しましょう。そこまで電話していないユーザーの方なら、24時間かけ放題の必要はないはずです。

そして、データ定額サービスも見直しましょう。ここが金額を下げる大きな要因の1つになります。

自宅のwifi環境を利用すれば、スマホの通信量を消費することはありません。通信切り替えの手間は増えますが、外出時以外の通信量を抑えることができれば、データ定額のプランを1G~3Gほど削れるかもしれません。

これだけでも、1,000円~2,000円ほど月額料金は安くなります。

 

スポンサーリンク

 

2.格安SIMに変えて安くする

LINEモバイルのプラン内容

出典:https://mobile.line.me/event/2nd-anniversary/

ソフトバンクに執着していない方、安くなるならすぐにでも解約するつもりである方。そういった人であれば、格安スマホを強くおすすめします。

 

格安simサービスの場合、最安値水準で月額料金は500円台です。

ここでは、Lineモバイルのサービス内容で比較してみます。Lineモバイルの場合、1GBのデータ通信のみのプランで、月額料金は500円。ここに音声通話を付けてもプラス700円の1,200円です。

  • 3GBなら、データ通信専用で1,110円、音声通話付きで1,690円
  • 5GBなら、データ通信専用で1,640円、音声通話付きで2,220円

先程のsoftbankの5GBと比較して、5000円以上安くなっているわけです。いかに大手キャリアの月額料金が高いかが、わかってもらえたと思います。

 

さてここで、格安simサービスについて詳しくない人が思うこと・・・。それは、格安simは、「値段が安い分性能が悪い」という勘違いです。それだけ安いからには、性能が悪いに違いない・・・。そう考えるのは、ある意味自然でしょう。しかし格安simサービスはそうではありません。性能が悪いわけじゃない。

なぜ格安かについて、説明しておきましょう。

 

格安SIMサービスの安さの理由

格安simサービスの格安を実現しているのは、大きく2点。

  • 店舗を持たないこと。
  • 回線を自前で持たないこと。

この二つです。

店舗を持つということは、そこに人を配置するということ。人件費というのもバカになりません。大作映画を作る時も、その費用の大半は人件費。そこで思い切って店舗自体を失くしたわけです。ユーザーに安く提供したい。そのために店舗をなくしても問題ないのであれば、削る。

それが一つ目の理由です。

 

そしてもう一つの理由が回線です

いざ新しい企業が、携帯サービスを始めようと思っても、その設備がないですよね。これを一から用意するとなると、想像を絶する費用がかかります。おそらく無理に近いのですが、ここで大手キャリアから余っている回線を貸してもらえたんですね。レンタル料金を払う必要がありますが、自社で作り上げるよりは大幅に安くなります。維持する費用もかかりません。これも大きな理由のひとつです。

これらによって、格安を実現しています。格安simサービスですから、端末は関係ないんです。もちろんiphoneも利用できます。最新の端末であればどの端末でも対応しているでしょう。

そして回線はレンタルしていると言いました。つまり大手キャリアの回線のどれかになるということです。

 

スポンサーリンク

おすすめの格安SIMサービス

もしソフトバンクの月額料金を安くしたいなら、格安simサービスを利用するべきです。

ただし、格安simサービスもたくさんの会社が提供しています。どの会社も魅力的なサービス内容ですが、どれを選んでいいのか分からないという人も多いと思います。

 

LINEモバイル

LINEモバイル

先ほど月額料金を比較したlineモバイルも新規参入ではありますが、非常におすすめの会社の一つです。

格安simサービスの内容も、日々更新されていて、魅力的なキャンペーンなども常に展開されています。格安simサービスのいいところは、2年契約という縛りがないことです。大手キャリアの場合、一度契約すると2年間は変えることができないという縛りがありました。

これは多くのユーザーから批判されていて、実際に自由度をなくしている原因なので、いずれなくなるとは思っています。格安simの場合は2年契約の縛りがないので、他の会社に魅力的なサービスが出て来ればいつでも変更することができます。

LINEモバイルのキャンペーン最新情報と注意事項まとめ!

 

mineo

出典:https://mineo.jp/

mineo(マイネオ)は、マルチキャリア対応といって、ドコモ回線とau回線の両方に対応しています。

また、家族間でお得な割引サービスや、パケットの共有サービスなどもあり、ユーザー間でお得に利用することができるんです。

【2019年版】ソフトバンクから格安スマホに乗り換える人におすすめの格安SIM5社!

 

まとめ

ソフトバンクを普通に契約して利用してしまうと、どうしても月額料金は高くなってしまいます。

月額料金を抑えるためには、自分の利用方法に合わせて、最適化したスマホを選ぶべきです。

 

おすすめなのは、格安SIM。

必要最低限の用途に特化した月額料金設定なので、最安値帯なら1000円前後で済みます。

wifiを駆使すれば、ネットの利用も全く不満なく利用できます。

 

どうしても高速ネットが利用したいなら、ポケットwifiを利用する方法もあります。

何も考えずに、キャリアの携帯を使い続けるのはやめて、スマホ代金を節約するために情報を集めましょう!

 

関連コンテンツ

おすすめ人気記事

1

LINEモバイルでは様々なキャンペーンが随時展開中! SNS使い放題 月額300円キャンペーン ラキフェス第1弾 スマホ基本料が10人に1人タダになるチャンス 5,000ポイントバックキャンペーン 招 ...

2

皆さんlineの無料通話を利用していますか? 普通の電話だと通話料金がかかってしまいます。友達と長電話すると、1時間なんてあっという間ですよね。 しかし、このlineの無料通話。無料という部分があやし ...

3

ソフトバンクで長年契約しているけど・・・やっぱり月額料金高いかな? 今ここで気づいたなら、まだ間に合います。毎月どれだけ損しているか、絶対に知るべきです。   カード請求11万来てるけど3割 ...

4

ガラホとは、"ガラケー+スマホ"という組み合わせから誕生した、新しい携帯電話。 ガラケーの使いやすさをベースに、スマホでの機能も使える携帯と思ってください。 携帯にそこまで多機能を求めていない人。 で ...

5

一般的には、携帯電話は新品購入する人がほとんどです。 しかし、中古品のスマホでも、新品と変わらない品質のものもあります。最近のスマホは、パソコンと変わらないくらい、お金がかかってしまいますよね。それな ...

-スマホ便利情報

Copyright© 迷わない格安SIMと格安スマホ選び , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.